よくある質問

line

模倣品・海賊版を販売しているというのクレームがきた場合の対応line

 商品Cを販売している企業Aが、商品Cは企業Bの商品Dの模倣品・海賊版だから、販売を中止するように企業Bから請求されました。中止したくないのですが、どうしたらいいでしょうか。

 まず、模倣にあたるか否かを検討する必要があります。模倣とは、形態の同一性のことです。また、企業Bの商品Dの形態の保護期間は3年なので、販売日から3年経過しているかも調べる必要があります。

 模倣にあたり、販売日から3年経過していないとしても、「商品において通常有する形態」は、商品としての機能及び効用を果すために不可欠な形態であることから、保護されません。そこで、このような「商品において通常有する形態」の模倣かを検討する必要があります。

line
弁護士 藍原 義章
弁護士 鳥生 尚美
(第二東京弁護士会所属)

〒190-0012
東京都立川市曙町1-25-12
オリンピックビル曙町7F
TEL:042-512-9737
FAX:042-512-9738
当事務所にて弁護士による
無料法律相談受付(30分・要予約)
事務所案内
  • あけぼの綜合法律事務所離婚サイト
  • あけぼの綜合法律事務所相続サイト
  • あけぼの綜合法律事務所オフィシャルサイト