中小企業が元気になれば日本が元気になる。

立川市にある「あけぼの綜合法律事務所」は多摩地域の中小企業・個人事業主の皆様を法律面でバックアップいたします。

中小企業法務 取扱業務 詳しく見る
契約問題
契約問題
  • ・契約書原案作成及び確認
  • ・公正証書原案の作成
  • ・訴訟手続、支払督促、少額訴訟
  • ・保全手続、強制執行
  • ・民事調停
雇用問題
雇用問題
  • ・問題社員の管理
  • ・就業規則等の作成
  • ・労災
  • ・派遣労働と下請
  • ・労働審判の対応
知的財産
知的財産
  • ・商標
  • ・不正競争防止法
  • ・著作権
  • ・意匠法
  • ・ライセンス契約
その他
その他
  • ・会社設立
  • ・合併
  • ・勤務先からの独立
  • ・景品表示法
  • ・会社分割
  • ・事業譲渡
  • ・事業承継
  • ・中国への進出

企業・個人事業主の法律問題は何でもお気軽にご相談ください

企業法務とは

 企業・個人事業主の事業活動を遂行する上で生じる法的業務です。
企業活動は、企業外関係では仕入先・販売先等の取引先、企業内関係としては従業員・株主を相手方とし、様々な契約関係から成り立っています。それぞれの契約関係には、特有の法律問題があります。
 もっとも、取引先・従業員等いずれが相手方でも、契約締結時は、友好的関係にあるため、問題が生じたら、話し合いで解決できることを期待し、契約内容について、深く検討せずに契約を締結してしまうものです。しかし、一旦、トラブルが生じてしまうと友好的関係から敵対関係に変化してしまい、話し合いが進まず、訴訟で解決せざるを得ないことになってしまいます。その際、当初締結した契約書の内容が重要となってきます。
 契約締結時から紛争・トラブルが生じた時まで、様々な法律問題について、弁護士がサポートすることで、法的紛争・トラブルを予防し、また生じた紛争・トラブルを迅速・適切に解決することができます。

例えばこんなとき、お任せください

・売掛金の回収
・債権回収がやり易い契約内容になっているか。
・買主から不当なクレームを受けた。
・契約内容が、独占禁止法・下請法違反で不利益を受けていないか。
・孫請負人が、請負代金を支払ってもらう前に、下請人が倒産した。
・元社員に企業秘密を持って独立された。
・自社製品を真似された。
・ライバル社に、自社よりも著しく優れているという広告をされた。
・従業員の勤務態度が悪く、懲戒処分を検討している。
・元勤務先に競業避止義務を締結させられたが有効か。
・下請に作成してもらったプログラムの著作権は誰にあるのか。

弁護士 藍原 義章 (第二東京弁護士会所属) 
弁護士 鳥生 尚美 (第二東京弁護士会所属)

〒190-0012 東京都立川市曙町1-25-12オリンピック曙町ビル7階
TEL:042-512-9737 FAX:042-512-9738
当事務所にて弁護士による無料法律相談受付(30分・要予約)
事務所案内
  • あけぼの綜合法律事務所離婚・相続サイト
  • あけぼの綜合法律事務所オフィシャルサイト