よくある質問

line

システム(ソフトウェア)開発トラブルの予防line

 高額なシステム(ソフトウェア)開発でトラブル・紛争に発展するのを予防する方法はあるでしょうか。
 まず、第1は、契約書等の重要な書類を作成することです。
 たとえば、検査仕様書が作成されていないと、検査に合格し報酬が発生するのか曖昧になります。また、ベンダ・ユーザ間の責任が明確になっていないと、トラブルになった場合、いずれの責任か判断することが難しいからです。

 そこで、契約書等の重要書類を作成するとして、可能ならば、弁護士等の法律専門家を利用すべきだとは思います。

 しかし、契約書作成に費用をかけたくないという場合には、経済産業省がモデル契約書を出しています。第一版と追補版があります。
 また、JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)もモデル契約書を公開しています。
これらの契約書を利用し、当該システム開発内容にアレンジして、契約書を作成して対応しておくことをお勧めします。

関連リンク
line
弁護士 藍原 義章
弁護士 鳥生 尚美
(第二東京弁護士会所属)

〒190-0012
東京都立川市曙町1-25-12
オリンピックビル曙町7F
TEL:042-512-9737
FAX:042-512-9738
当事務所にて弁護士による
無料法律相談受付(30分・要予約)
事務所案内
  • あけぼの綜合法律事務所離婚サイト
  • あけぼの綜合法律事務所相続サイト
  • あけぼの綜合法律事務所オフィシャルサイト